姪っ子誕生日に絵をプレゼント【アクリル画】


可愛い姪っ子が記念すべき1歳を迎えるにあたって、絵のプレゼントを贈りました。
今回もアクリル画。

下絵(エスキース)

まずはエスキースで水彩画で描きましたが、なんとも下手くそな腕で、すっかり水彩の腕が落ちている事を痛感。あまりのひどさにこの絵は破棄してしまいました(泣
もちろんアクリル(不透明)と水彩(透明)の絵具は正反対の性質ですが、絵描きとしてはこの特性に対する感性は常に備えておくべきです。

水彩の腕の向上は今年の課題項目です。

撮影

今回もドローイングプロセスを動画で撮影。
魚眼が効くカメラで真上からの撮影に挑戦しました。
そして窓辺から自然光を取り込んで1日で描き上げました。
やっぱり自然光こそベストな照明です。

手元の映像をiPhone(SE)で撮影。
手ブレも画質もとても良いですね。

使った機材はCanon iVIS mini X
画質はまあまあですが、広角で集音も高音質です。
次の撮影は新機材のGopro HERO9を導入したいと思います。

キャンバス

使ったキャンバスはアミアントカルトン
キャンバスボードとか板キャンバスと言われる薄いパネルのキャンバスです。
姪っ子の写真をトレースしやすい様、A4サイズに近いF4サイズを採用しました。

絵具

リキテックスのベーシック

筆、画材

平筆(大小)、明細筆、パレットナイフ、紙パレット、皿パレット。

ナイフの表現は楽しいですね。
パレットは最初陶器皿を使いましたが、アクリルは乾燥が早いため、皿に乾いた絵具が残ります。
水で洗い流せますが、乾いたアクリル絵具のゴミが出るため下水をつまらせる要因になります。
途中から紙パレットに変えてます。

紙パレットがない場合は、牛乳パックなどの紙を使うと良いです。

プロセス動画

贈り物やスキマ時間に是非アクリル画を描いてみてください。

この記事をシェアする