イラスト&デザインの繁忙期 10月


グラフィックデザイナー・イラストレーターにとっての繁忙期

代表的な時期としては

  • 年末(12月)
  • 年度末(3月)
  • ボーナス期(6月)
  • 行楽期前(10月)

があると思います。もちろん売れっ子はいつでも忙しいと思います(笑

10月は僕も忙しく仕事をさせて頂きました

10月、11月は秋の行楽期で、地元では秋の大祭やハロウィン、屋外イベント等が多く開催され、それぞれ広告やグッズ制作などの制作物の動きが激しくなる傾向です。

8月のお盆頃過ぎ頃、2つの依頼がありました。

1)長崎の秋の大祭「長崎くんち」のグッズ制作と、
2)同じく「長崎くんち」に関わる壁画制作。

SNSから地元マスメディアへ

毎年開かれる長崎の秋の大祭に関わる仕事という事で、
この二つの仕事はトピックとなりました。
制作を知らせるため、個人のFacebookで発信しました。これをきっかけに、地元テレビ局の取材を受け、その後ラジオと新聞に取り上げて頂きました。

季節の話題に取り上げられながら、別のアイテムの制作を受ける事になり、「うちわ」制作に着手しました。その時、Twitterで公開した一枚の絵。踊り町「魚の町」

Twitterを見た町関係者から連絡があり、絵画作品を制作させて頂きました。

SNSでの小さい呟きから依頼に繋がる経験をしました。
地元メディアでの紹介もこのサイト来訪のきっかけにもなっていると思います。

 

繁忙期のチャンス

これら10月の出来事は自分の背中を大きく押し進め、ステップになりました。
この一連の動きを、外に発信する事で、繁忙期後の動きに影響を与えてくれています。

年末、年度末に向けたお仕事の依頼に変化しています。

 

忙しい時こそ発信を

これは今回、自分が積極的にできなかった事ですが、忙しいから仕事の発信ができない事はチャンスを逃しています。活動を外に発信する事を欠かさないようにしましょう。

最後に、きっかけを与えていただいた方に感謝です!

この記事をシェアする