令和元年 長崎くんち 魚の町 川船


令和元年 長崎くんちの踊り町「魚の町」

庭見せのお披露目の品として、絵画を2点制作しました。

川船の見所のひとつ、船頭による網打ち。そして諏訪の長坂を前に豪快な舟回しを奉納する川船。
制作工程としてまずデジタルでラフを制作し、F10号のキャンバスにアクリルガッシュで制作しました。

デジタルラフ

制作過程

特に注力したのが、網打ち船頭の表情。

網打ちを行う男の子の写真提供を頂きましたが、普段の表情は、素敵な笑顔の印象が強いお顔立ち。

もちろん制作は本番の前で、本番でしか見せる事がないであろう「勇ましい表情」を表現するのに時間をかけました。

口角の変化が微妙に違うだけでかなり印象が違います。

純粋に顔を似せるのでなく、網打ちの大役を披露する緊張感と勇ましさを加える事を行いました。

 

制作期間: 2019年8月30日〜9月30日

プロセスムービー

この記事をシェアする